ばあば

「ばあば」

私は職員室でもその方をこう呼んでました

まぁこのことに賛否両論あると思いますが

あたたかくスルーしてください

その方は大先輩で私が初任者の時からお世話になっていた方です

私が初任校を出て数年たって現任校に戻り

数年前に再会同じ職場勤務になりました

ばあばは昨年退職されました

私の社会人1年目はまぁひどかった

思い出すのも辛い

どうひどかったかと言いますと

私もひどかったんでしょうが…なんかですね…

まぁそれはいいとして とにかくいろんな意味で辛かったんですね

正直「やめたい」

いや

それ以上のことも考えてました…


いろいろあると「自分が悪い」とか「自分は仕事ができない」とか「役に立たない」とか

ネガティブなことばかり考えちゃうじゃないですか(もちろん現在もそうです。なので優しくしてください…?) でも

そんな無力感にさいまれるなか

ばあばの一言に救われました

「子どもと遊ぶの上手だね〜」


正直嬉しかったんでしょう

今でもその場面が思い出されますから

かなりどん底の状態でしたからね…


その言葉のおかげだけではないんでしょうが

まぁ何とかここまで教員生活やってこれました

この場を借りて

「ばあばありがとう!」


再会してからというもの

子どもたちにイタズラだけして遊びまわる私を見て

ばあばも「そこまでは言ってない!!」と

思ってたでしょうねぇ〜


閲覧数:13回2件のコメント

最新記事

すべて表示

​カテゴリ