まぁ難しいことを考えずに

以前書いた「対戦ぬりえ」「文学青年 その②

きっとこういうことが言いたかったんだと思います


「勝つ」という抽象的なことをどう教えるのか?

そもそも教えることができるのか?

私は幼い頃から様々な勝負の場面に遭遇し

そこで「勝ち・負け」を体験的に学んできた

みなさんもそうでしょう

そのように体験的に学ぶことが難しい子どもたちに

「勝ち・負け」をどのように教えるのか?


書きながら別に教えなくてもいいんじゃないかな?

とかも思うんですけど…

そうなんですよね

「勝つ」を教えることが目的ではなくて

この子がこのぬりえを「楽しむ」ってことが大事なことなんだろうなぁと

勝っても負けても「楽しい」「またやりたい」って思ってもらえることが大事かなと


だからフッサールの「妥当」という視点が必要なのかな

お互いの中でつくりあげていけばいい

対戦ぬりえをしながら思いました



閲覧数:10回2件のコメント

最新記事

すべて表示

​カテゴリ