野球型かサッカー型か… その②

ちょいとEvernoteを振り返ってみと

2019年にこんなメモが残ってました

ピーター・F・ドラッカー (著), 上田惇生 (監修), 佐藤 等 (編)

『実践するドラッカー[チーム編]』ダイヤモンド社,2011

この中に

チームが3つ挙げられていました

(そのほかにもあるのだろうけど私が記録してるのがこの3つ)

野球型とサッカー型とテニスのダブルス型

ふ〜ん…

野球型

サッカー型

テニスのダブルス型

特徴

ポジションは固定、選手はチームに属してプレーする。

ポジションはあるがチーム全体でプレーする。

固定的でないが、基本的にポジションでプレーする。

強み

メンバー1人ひとりの成果が明らかで評価がしやすい。

明確な目標をもたせやすい。

ポジションごとの責任が明確。

訓練により自らの強みを限度いっぱいまで伸ばすことができる。

柔軟性がある。

チーム構成員の顔ぶれで常に変化する役割を指示しやすい。

個々のメンバーの仕事は柔軟である。

弱み

柔軟性に欠ける。

他のメンバーとの役割分担が明確なあまり自己中心的になりやすい。

ポジションごとの責任が不明確になりやすい。

明確な目標をもたせにくい。

優秀なプレイヤーでも構成メンバーによっては能力を生かしきれないことがある。

長時間の訓練時間が必要。

100%のチームへの貢献が求められる。

とりあえず転記してみましたが…







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

​カテゴリ