『贈る言葉ー教師を志すきみたちへー』

この書籍はおそらくもう販売されていません

出版社のHPの検索にひっかかりませんでした

著者である教授が退官するにあたり

教授が所属する研究室の学生向けに毎年書いていた文章を1冊にまとめたものです

何冊か持ってたんですが見当たるのはこの1冊のみ


さてこの藤井教授

私が入学したときはもう退官前ということで

あと以前患った病気のせいでかかなり見た目は弱々しかったです

ただ何でしょう?私はすごく魅力というかオーラを感じてました

加えてできもしないくせに難しいことが好きで「哲学」という言葉に憧れもあって

教授が専門とする「教育哲学」ってのに興味がありました

もちろん「哲学」してたらモテるかなぁ〜という不純な動機が一番強かったと…

それはさておき

教授の講義は大抵一番前で聞きました

それは一番前じゃないとマイクを通してもよく聞こえないので…

ペスタロッチ,フレーベル,マカレンコ…etc

そんな人たちの教育思想などを話されていたと思います

内容は当然憶えてませんが

今この書籍を読み直して改めて学ぶところがあると感じ

備忘録としてまとめてみようかあなぁと思いました


私の教育に対する考え方を

教員として

人として

どう生きるか?

を問われてる見つめ直させられてるような気がします…


ちょっとまた読み直してみようと思ったのでした


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

​カテゴリ