確信犯が進めていく

広がらないのは広げる努力が足りないから…だけなのか?その④」で書きましたが

機器の管理をしました

実はこれはNGというか組織的な動きではなく

私が勝手にやったことなんです


機器の管理に関して私は関係ない部署にいますから

それに関わることはありません

ただ”機器好きな変なおじさん”というのは

職場ではけっこう認知されてるので

機器についての相談などはその部署の係からもよく受けてます


なぜ勝手にやったか?

う〜ん…

やりたかったんでしょうねぇ〜


途中何度も踏みとどまろうと思いましたが

「それでもやらなきゃ!」と勝手に思い込んだんですね

珍しく…


その時思い出した言葉がタイトルに書いた言葉です

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」ですね

その中の第12回「チームの力がヒットを生む」これ好きなんです

(オンデマンドにないのが残念)

2006年か〜懐かしい

この中で佐藤さんが商品開発の掟のひとつとして

”確信犯の1人の開発者が全てを決めてゆく”をあげてます

レベルも質も違いますがすごく共感します

今まで「あんとき自分の思いを伝えて貫いてたら」って思うこともしばしば…

まぁほんとは組織的にやらなきゃいけないんでしょうけど

それはうまくないからなぁ〜そこは反省しつつ…も

これ誰かがやらなければきっと今までの機器の貸し出し管理で終わってる

何があるはわかっても

どう使うか?

まで行きつかない気がします

ものはあっても使われない…

まぁこれ(QR貼った)をしたから使われるかって話もありますが

あとは私の担任に対する営業しだいですね〜

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

運動会

​カテゴリ