atacLabオンライン実践セミナー レポ

先日はこちらに参加しました

いろいろと考えたことはありますが

気ままに思い出したことを書いてみたいと思います


2回目に中邑先生がVOCAを導入した当時の話をされてました


VOCAにはただ「バン!」という声を入れただけ

そうするとVOCAを押すと前にいる人が「う〜やられた」など言う

子どもは面白くてどんどん押す

自分の行為がわかりやすい結果を生み出す

レディネスができている子どもだとすぐに因果関係を理解する


というようなことを言われてました


また


”スイッチまでは人だと思う”


と言われてました この言葉すごく重みがあるし

納得しましたし

すごく嬉しかったです

(なんか偉そうですみません)


外界へのつながりをつくるのは人

学校でいえばそれは教員

そういうことだと思います


私が今までやってきたことも

そう的外れなことじゃなかったなぁと思ったのでした…

抽象的で申し訳ないですが

これについては今後余裕があれば書いていきたいと思います…


この機器セットでする「いい人さがし」もこじつけかもしれませんが

まぁ意味あるんだよなぁ〜




閲覧数:15回1件のコメント

最新記事

すべて表示

​カテゴリ